双極性うつ病

うつ病には、大きくわけて2種類あるという話をしました。
そのうちの1つが、前回お話した「単極性うつ病」です。
そして、もう1つがこれから紹介する「双極性うつ病」です。
単極性と双極性では、まったく症状が異なりますので、一般的なうつ病の認識しか持っていないと適切な治療を受けることができない場合があります。
双極性うつ病とは、元気が出すぎてしまううつ病のことを指します。
この元気が出すぎてしまう状態のことを「躁状態」と言います。

症状に違いがあることから、当然治療法にも違いがあります。
なので、もしこの躁状態を経験したことがあるという場合は、その旨をしっかりと担当医に伝えるようにしましょう。
普段、日常生活を過ごしている中で、いつもより元気ということはあると思いますので、なかなか気づきにくい場合もあります。

しかし、元気が出すぎることで、頑張りすぎてしまうこともありますので、その点に関しては注意が必要です。
そこで、頑張りすぎてしまうと、やはり反動が返ってくることもあるからです。
いずれにしても、頑張りすぎている人の中で、「普段通りの自分じゃない」と感じることがあれば、うつ病の可能性を疑うのも大切です。

Copyright c うつ病を治療するためには、医師に相談することが大切です。 All Rights Reserved.