病気と気長に付き合う

うつ病を治療する中で、大切なこと、それは「病気と気長に付き合う」ということです。
うつ病は、最低でも完治するのに3か月はかかると言われています。
3か月という期間は、一般の人からすれば、長いようで短いと言えますが、うつ病患者の人からすれば短いようで長い期間と言えます。
やはり、うつ病を患っている間は、何をしていても楽しくなかったり、気分が落ち込んだりとネガティブになってしまいます。
そういった毎日というのは、一日が長く感じてしまうものですし、それだけではなく完治に向かっていく中で、調子が良い日と悪い日を一進一退しながら治療していきます。

ですから、調子が良かったのに悪くなってしまったからと言って悲観になる必要はありません。
反対に、調子が良くなったからと言って、頑張りすぎてしまうのも良くないというわけです。
このように、良い時と悪い時を繰り返しながら完治に向かっていくので、気長に病気と付き合っていくことが大切なのです。

うつ病を治療する際は、他にも大切なことがいくつかあります。
その大切なことを、心がけるように意識して完治を目指していきましょう。

Copyright c うつ病を治療するためには、医師に相談することが大切です。 All Rights Reserved.