自殺をしない

うつ病を治療するにあたって、大切なことがいくつかあるという話でした。
その中の一つとしては、前回お話した「病気と気長に付き合う」ということです。
そして、今回紹介するのは、少々重い話になってしまいますが「自殺をしない」ということです。

うつ病というのは、症状の一つとして感情が暗くなってしまったり、毎日を過ごすのが嫌になってしまったりすることがあるのです。
もっと、直接的な言葉で表現すれば、「死にたい」と思ったり、「消えてなくなりたい」と思ったりすることがあるのです。
やはり、自分で命を絶つことほど、辛く悲しいことはありません。それは、患者自身だけではなく、まわりの人もそうです。
しかし、そうやってネガティブな感情になってしまうのは、あくまで「うつ病の症状」の一つなのです。
つまり、うつ病によって、一時的に悲観的になっているだけで、本当は死にたいわけではないと言えます。
実際問題、症状が回復に向かうと「生きていて良かった」と思えることが多々あるでしょう。

生きていることに喜びを見出すことができれば、きっとうつ病も回復へと向かっていくはずです。
生きるのを諦めなければ、きっと良い方向へと進んでいくはずです。
少しずつ少しずつ、自分のペースで前を向くことが大切なのです。

Copyright c うつ病を治療するためには、医師に相談することが大切です。 All Rights Reserved.