原因を知ろう

うつ病を治療することは、不可能なことではありません。
しかし、再発しないためには、なぜ起こるのか、その点についても知っておく必要があると言えるでしょう。

ですが、うつ病の発症原因としては、具体的な原因が究明されていません。
しかし、脳内物質のバランスが崩れてしまうことが原因の1つと言われています。

人間の脳というのは、非常に複雑でたくさんの神経細胞によって構成されています。
この神経細胞というのは、神経伝達物質を通じて多種多様な情報を伝え合います。
しかし、生活する中で、さまざまなことからストレスを抱えたり、心身ともに疲労感を覚え続けたりすることによって、神経伝達物質が正常な役割を果たせなくなってしまいます。
物質の量が減るだけではなく、働き自体も低下してしまうのです。

その神経伝達物質の中には、セロトニンやノルアドレナリンと言った物質が存在します。
これらは、気分や意欲、関心などを調整する物質と言われています。
このセロトニンやノルアドレナリンの機能が低下し正常な役割を果たせなくなると、感情のコントロールが難しくなってしまい、結果的にうつ状態になってしまうのです。
また、このセロトニンやノルアドレナリンは、痛みを和らげる効果もあると言われています。
そのため、この物質が減ることによって、普段なら感じないような痛みでも、うつ病患者は強く感じてしまうようになるのです。

Copyright c うつ病を治療するためには、医師に相談することが大切です。 All Rights Reserved.