痛みがある

多くの人は、うつ病に対して「気分が落ち込む病」という認識を持っています。
実際に、何事に対しても楽しいと思えなくなったり、しんどくなったりすることもあります。
しかし、これは、「こころの症状」として言えることです。
あまり知られていませんが、うつ病は「からだの痛み」を伴うケースもあるようです。

また、うつ病患者の半数以上がその痛みを感じています。
痛みとしては、基本的ににぶい痛みを感じるようで、肩こりや腰痛といった症状が挙げられます。
しかし、人によっては、頭が締め付けられるような感覚を覚えたり、起きて過ごすのが厳しいほど頭痛を感じたりすることもあります。
ほかにも、胃痛を感じることもあるようで、そういったストレスからもうつ病の回復を遅らせる原因になります。

ですが、ほとんどの人は、こうしたからだの痛みを「うつ病によるもの」として認識していません。
まったく別物として捉えている人が多いため、うつ病の担当医に相談しないケースが多いのです。
その結果、からだの痛みもうつ病によるものであるにも関わらず、相談しないため適切な治療を受けることができないのです。

からだの痛みを放置してしまうと、その痛みがストレスになったり、気分を落ち込ませる原因になってしまったりすることもあります。
そうなると、うつ病の治療に時間がかかってしまうことに繋がり兼ねません。
もし、気持ちだけではなく、からだにも痛みを感じるようでしたら、担当医に痛みがあることも併せて相談するのが良いです。

Copyright c うつ病を治療するためには、医師に相談することが大切です。 All Rights Reserved.